NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会

第2回サーバントリーダーシップフォーラムレポート


開催日時:2012年10月22日(月)13:00~17:30
開催場所:泉ガーデンコンファレンスセンター
主     催:NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会
協     賛:株式会社レアリゼ


2012年10月22日(月)、第2回サーバントリーダーシップフォーラムを開催致しました。
昨年を上回る総勢120名ものお客様にお越し頂きました。 「サーバントハートが組織を強くする」をテーマに、各企業のトップの方々から、貴重な経験談をもとに、各々の人づくり・組織づくりの在り方やリーダーシップについて語って頂きました。

ご登壇者4名とも、経営および組織づくりに対して一貫したビジョンと信念、そしてサーバントハートを持って、社員の人格を尊重した人づくり・組織づくりを実践されていました。

講演概要


◆基調講演
 「為さざるの罪」
 ~ヤマトグループのDNAと現場力を引き出すリーダーシップ~

 ヤマトホールディングス株式会社
 代表取締役社長 木川 眞 氏

震災時において最大限に発揮された、ヤマホールディングスの復興支援活動。これはヤマトグループの社訓『ヤマトは我なり』の中にこめられた「人を尊重」する理念の力でしょう。 このように社訓を始めとする企業理念が、社員一人ひとりにまで脈々と受け継がれ、国内はもとより海外でも活かされています。 こうしたヤマトのDNAを磨き続け、自発的に動く社員を後押しする組織づくりとリーダーシップのあり方について、語っていただきます。

→講演概要はこちら

プロフィール 1949年、広島県生まれ。
1973年一橋大学商学部卒業後、(株)富士銀行入行。1998年人事部長、2004年4月(株)みずほコーポレート銀行常務取締役リスク管理グループ統括役員兼人事グループ統括役員。2005年4月ヤマト運輸(株)グループ経営戦略本部長、同年11月、ヤマトホールディングス(株)代表取締役常務。2007年3月代表取締役執行役員兼ヤマト運輸㈱代表取締役社長 社長執行役員。2011年4月より現職。


◆講演
 「顧客の感動を呼び起こす人間性尊重の組織づくり」

 ネッツトヨタ南国株式会社
 取締役相談役 横田 英毅 氏

日本全国のトヨタ販売会社の中で、お客様満足度No.1を連続達成しているネッツトヨタ南国。これは第一に従業員満足を求め、次に、高いお客様満足を追求し続けるという理念とビジョンを愚直なまでに実践された結果ではないでしょうか。副社長、社長、会長としてこの企業文化を創りあげた横田氏より、従業員の自主性を尊重し、成長を生み出す組織と人づくりの秘訣を語っていただきます。

→講演概要はこちら

横田英毅氏のプロフィール 1943年生まれ。 1969年宇治電化学工業(株)入社、その後四国車体工業(株)を経て、1980年トヨタビスタ高知(現ネッツトヨタ南国)発足と同時に、副社長就任。1987年同社代表取締役就任、2007年同社代表取締役会長に就任。2010年より現職。また高知県産業界の人材にまつわる問題解決にもあたるべく、「土佐経済同友会2000~2004年」などの代表幹事を歴任し、「人づくり」に関する様々な提言をおこなっている。


◆セッション
 「人を大切にする経営」

 ホッピービバレッジ株式会社
 代表取締役社長 石渡 美奈 氏

 株式会社アンゼン・パックス
 代表取締役社長 尾関 勇 氏

「低カロリー、低糖質、プリン体ゼロ」の健康志向ドリンクとして、今では女性や若い世代にも大人気のホッピー。「看板娘」としてマスコミでも話題になった石渡社長はこの老舗企業の3代目です。 菓子用や贈答用食品パッケージの専門メーカー、アンゼン・パックスの尾関社長も老舗企業の3代目です。 社長のバトンを受け取り、新しい時代に対応した会社を創っていくことは容易ではありません。 新しいリーダーとして、どう社員と関わり、会社を変革していったのか。どんなサーバントハートを発揮して来たのか。お二人に対談を通して、語って頂きます。 

→講演概要はこちら

石渡美奈氏のプロフィール 1968年東京都生まれ。 立教大学卒業後、日清製粉(現・日清製粉グループ本社)に入社。人事部に所属し、93年に退社。 その後、広告代理店を経て、97年に、祖父が創業したホッピービバレッジ(旧・コクカ飲料)に入社。広報宣伝、副社長を経て、2010年4月6日、創業100周年の年に3代目社長に就任。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。経営学修士(MBA)。

尾関勇氏のプロフィール 1966年東京都生まれ。 立教大学卒業後、広告代理店の株式会社I&S(現I&S BBDO)入社。営業局およびマーケティング局を経験。1993年祖父が創業した株式会社アンゼン・パックスに入社。営業、製造、そして別会社である菓子のOEM企画会社を経験。その後専務取締役を経て、2010年から現職。男尊女卑で離職率が高かった社内の雰囲気を刷新。ジェンダーフリーをテーマに、育児休業だけでなく育児短時間勤務や65歳定年制などをいち早く採用した。 現在、東京と米国シアトルの2拠点で活動している。社内では老若男女一切分け隔てなく仕事をさせるのが信条。


◆講演
 「サーバントリーダーシップの概略と国際カンファレンスの報告」

 NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会
 理事長 真田 茂人

・サーバントリーダーシップとは何か。サーバントハートとは何か。そして、なぜ今注目されているのか、初めての人にも分かり易くご紹介します。 ・今年6月にインディアナポリスで開催されたサーバントリーダーシップ国際カンファレンスの報告。 世界のサーバントリーダーシップの最新情報をお伝えします。

→講演概要はこちら

真田茂人のプロフィール 早稲田大学商学部卒業後、(株)リクルートなどを経て(株)レアリゼ設立、同社代表取締役。2009年日本サーバント・リーダーシップ協会理事長就任。心理学やシステム思考をベースにした人材開発及び組織開発のコンサルタントを展開。サーバントリーダーシップの普及を通じ、日本を再生し、グローバルに通用するリーダーの育成にも力を入れている。